みなさんこんにちは、
北海道旭川で
”お金”と”働く”を探求している
ファイナンシャルプランナーの
リーダーこと大野 雅志です。

これを書いている今日は
令和2年(2020年)4月30日です。

ここでブログを書き始めてちょうど1年です。
1年後の状況なんて想像もしていませんでした。

コロナの影響で暗いGWです。
僕はのんびりできていいのですが・・・

2020年(令和2年)4月16日に
緊急事態宣言が全国に出されました。
それから体を動かすことが少なくなりました。

ずっと机の前にいたり、
スマホやタブレットを見る時間が長くなっています。

体に悪いので、
人のいない朝に1時間くらい散歩しています。

早起きは三文の徳なのでしょうか、
散歩中にリスとあいさつを交わすことも多く、
遭遇すると朝から癒されます。

写真はその時のものです。

学校も休校を余儀なくされています。
入学を9月にという議論なんかも出ています。

今後、世の中はかなりのスピードで変化していくと思います。

予想することがかなり難しい変化になると思います。

ただ、
どんなに変化しても“人は1人では生きていけない”と思っています。

結構不変だと思います。

AIが発達しても変わらないのではないでしょうか。

そう思いませんか?
そんなことないという方もいるかもしれません・・・

その話の前に、
振り返ると昨年の今頃も僕は非常事態でした(笑)

何が起きたかはこちらに書いています。

こんな時だから”これから”を考える

 

非常事態宣言が解除されコロナの影響が消えた後のことをアフターコロナと言っているようです。

アフターコロナでは先ほど書いたように様々な変化がやってきます。

倒産する会社も出てくると思います。
リストラで転職を余儀なくされる方も多くなると思います。

もしかすると東京集中がなくなります。
テレワーク中心になり週一回の出勤が当たり前になるかもしれません。

アフターコロナになっても
今回のコロナ騒動のようなことは起こりえます。
ウイルスが原因ではないことも起こりえます。

何が起きるかわかりません。
どんな変化が起きるかわかりません。
正解がありません。

これは今までも一緒なんですが・・・

今ままでは
『”働き方””お金”の入りが変わり”生き方”が変わります』
と言われていました。

ある意味これが正解でした。
正解があるからそれ以外のことを考えないでよかったのではないでしょうか。

正解を信じるから、
勉強が大事であり、
就職活動が大事だったり、
正規雇用がよかったりします。

これからは
”生き方”
によって”お金””働き方”を考える。
に変えてみませんか。

どのように生きたいかは
自分の中にあると思います。

だから自分で考えませんか?

というより、
『どのように生きたいか?』
自分に問いかけませんか

他人に左右される生き方ではなく、
自分で生き方を考えませんか。

そうはいっても
”お金”がないとできないのでは?
お金がないとそもそも生きていけないのでは? 等々
お金のことを言う方がいらっしゃると思います。

 

そこで質問です。

”お金”とは何でしょうか?

これに答えられる人は少ないです。
それは”お金”について学んでいないからです。
学校で習うことはありません。
先生がお金について習っていないからです。

学ばないでもある程度使えるので大人になっても学びません。

 

”お金”『交換するための道具』です。
それ以上でもそれ以下でもありません。

極論を言えば
衣食住”が何とかなればお金がなくても生きていけます。

なら
おすそわけで食べ物もらって暮らす
山菜とったり、魚釣ったりして食べ物調達して暮らす

なら
好きなだけ家にいていいよって言ってもらい誰かの家に居座って暮らす

なら
おさがりとか、いらなくなった服をもらって暮らす

他にもいろいろな方法があります。

結構ムチャなものもあるで実際には難しいかもしれません。
しかし、できないこともないかなと思います。

お金があれば衣食住について簡単に解決できますし、
お金があればより便利に生きられますから
お金があった方がいいとは思います。

ただ、お金がないと生きていけないというのは間違いなのだと思います。
生活に必要なものが調達できないと生きていけないのです。

お金がなければないなりに生きていけばいいと思うのです。

アフターコロナで
東京に集中しなくなれば田舎で暮らせます。
テレワークが中心になれば通勤時間が削減できます。

お金がないなりに生きていく環境を整えることの可能性が広がります。

今回のような事態が起こっても大丈夫なように
これからはお金に依存しない生活も検討する必要があるのではないでしょうか。

お金に依存しなくなると
学校に依存しなくてもよくなりますし、
会社に依存しなくても大丈夫になるはずです。

昔は
自然の恵みを手に入れやすかったり、
知恵を出したり、
助け合ったり
お金がないなりの生活ができる環境が整っていたと思います。

僕はセミナーで『北の国から』を例に挙げます。
僕の大好きなドラマです。

このドラマの中には
お金がないなりの生き方の手本があります。

ドラマがスタートしたのは昭和56年(1981)年です。
その時に水道も電気もない家で親子3人生活をします。

ドラマだからできるという方もいるかもしれませんが、毎日キャンプだと思えばできるのではないでしょうか。

『2002遺言』という最後のSPで
『手間返し』という話が出てきます。
内地では『結』という地方もあるそうです。

それがまさしく助け合いです。

少ないお金で生きる生き方が描かれています。

昔はご近所付き合いもあり、
親戚付き合いも今よりも活発で
困ったら助け合う世界だったのではないでしょうか?

それがいつしか

一人で何とかしないといけない、
家族だけで何とかしなければいけない
に変化していったのだと思います。

つまり”自立”です。

自立するには”お金”必要になります。

自立は
『自分の力で物事をやっていくこと』
と定義されることが多いです。

ですが、最初に言ったように人間一人では生きていけなのです。
一人で生きていくということは自給自足するということです。

自給自足できないから、
生きていくために用意できない必要なものを調達します。
どのように調達するかというと交換で調達します。
そのの時に使うのがお金なのです。

交換の品はお金じゃなくてもいいんです。
ただ双方お金が便利だからお金を使います。

お金がなくても分け合ったり助け合ったりできる環境があれば生活できます。

今の大変な状況も
『お金に依存する世界を脱却できるチャンス』
違った見方もできます。

お金だけでなく
学校、会社、家族などに依存する世界から脱却できるチャンスです。


自立とは
『依存せずに自分の生き方をすること』
だと僕は思っています。

依存というのは『それがないと生きていけない』状況です。

ではどうすればいいか?

わかりますよね?

助けてもらえばいいのです。
助けてもらえる先が少ないと依存してしまいます。

頼る先が少ないとそこが(それが)心のよりどころになり依存症になります。
頼る先がなくなると孤立になります。
あくまで僕の解釈なので違う意見の方もいると思います。

なんとなくわかりますかね?

助けてもらうということは
それなりの生き方をしないといけないはずです。

今、
ドラックストアーで暴言はいたり
医療従事者を差別したり
店頭のアルコール消毒をもっていったり

そんな人は助けたくないですよね?

それと助けてもらうには
『助けて』と発信するヘルプ力も必要です。

たぶんアフターコロナの世界ではお金や学歴なんかより、
ヘルプ力とかが必要になってくるのだと思います。

今だって自立から助け合う方向に向かっていると思いますよ。
シェアが広がっているってそういうことなんじゃないでしょうか?

だんだん大げさな話になってきましたが、
まぁ、そんな考え方もできるぐらいでとらえてみてください。
一つの考え方でこれが絶対ではないです。

このコロナ騒動は
色々なことを考えるチャンスなのだと思います。

まあまあ長くなったのでこの辺で・・・